<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

コガモ

亜種アメリカコガモ

2月の下旬、名古屋市内を流れる川に居た。
暖かな日で、河川敷に座りながら のんびりしたムードの中で撮った♪♪
c0136654_064224.jpg


c0136654_0738.jpg


c0136654_072757.jpg


近くで撮らせてくれたし・・・こういうスタイルの鳥撮りが良いなぁ♪
[PR]

by ystone128 | 2013-03-20 00:09  

ノハラツグミⅡ

少し前のカラムクドリも そうだった。
四国まで行って、何とか見ることができた・・・と思ったら、すぐに和歌山に出た。

このノハラツグミは本州の西の端っこ山口まで行き、長い時間待った末にようやく見ることができた。・・・と思ったら、今度は先日に行ったばかりの岡山に出た。
別個体なので興味津々、これからも そんなに見る機会は無いと思うと、当然 西に足が向いた。

この個体は愛想が良かった・・・というか、良過ぎるくらいだった♪
c0136654_092328.jpg


ギャラリーも20人ほどで気持ち良く見ることができた。
2~3時間 観察したところで引き揚げた。

まだ帰るには早すぎたので、帰りに兵庫県のカササギを見に行ってきた。
去年は同所でハズしているので、かなり不安だったが、
駐車場に車を停めて前を見たら、フロントガラス越しにカササギの姿を発見♪
c0136654_0204111.jpg


それからカメラを三脚にセットして歩き出したら、今度は松の木の上にも1羽居た♪
c0136654_0235798.jpg


ギャー、ギャーと鳴き声は決して美しい声とは言えないが、清楚な感じの綺麗なカラスだった^^
[PR]

by ystone128 | 2013-03-18 00:28  

コスズガモ

2月の下旬、関東の公園に居るというコスズガモを見に行ってきた。
前日くらいまで100人とか150人は居たというカメラマンも疎らだった。
人混みの苦手な私には好都合だ^^

コスズガモはすぐに見つかった♪
下膨れの顔立ちに、とぼけたような目が可愛い♪♪
c0136654_22475655.jpg


c0136654_2248267.jpg



お昼くらいまで この池でカモを見ていたら、鳥友さんから電話があり
『関東の方に変なモズが出ているらしい!?』
半信半疑でポイントまで行ってみたら・・・凄い人!7~80人は居ただろうか。
どおりでコスズガモの所にはカメラマンが少ない訳だ(^^;)

現地には顔見知りが居た。
聞くところによると、昨日はよく出ていたが、今日は出ていないらしい。
・・・と、待つこと10数分、遠くの柿の木に小さなモズがとまった。ドキドキ!
初見の鳥なので、数枚撮って確認すると“そのモズ”だった。
c0136654_2321850.jpg


c0136654_2323683.jpg


セアカモズと言われている個体。
確かに今までに見た どのモズとも違うように見える。
[PR]

by ystone128 | 2013-03-15 23:07  

カラアカハラ

先回の山口から一週間、岡山県に行って来た。
カラアカハラはメスしか見た事がなかったが、今回はオスを見ることができた♪
c0136654_2315459.jpg


待っている時に、ルリビタキが『撮ってよ!』とでも言っているように、何度も出てきた♪
c0136654_23203349.jpg


カラアカハラは数回出てくれたし、もうお昼も回っていたので移動。

サカツラガンの群れの居るポイントに向かった。
それらは河川敷公園のような場所の芝生の上に居た。
サカツラガンには似合わないような場所だった。
c0136654_23252420.jpg


このような場所に・・・、群れになって・・・、しかも人を恐れない。
でも飼い鳥ではない。
なんだか不思議な光景だった。
[PR]

by ystone128 | 2013-03-14 23:29  

ノハラツグミ

関東から帰って間もなく、西の端っこにノハラツグミが出ていると聞いた。
聞いた所、教えてもらった所、その全てに行くのは不可能だと思う。
そう思いながら、西の端 山口に向かって車を走らせていた(^^;)ゞ

現場には朝の7時頃に着いた。
しかし、お昼を過ぎても姿が見えない。
不安の絶頂を迎えた頃、鳥友さんから電話があった『もう2~30分くらいで着くから・・・』
電話から30分程経った頃、私の頭上の桜の木に見慣れない鳥が・・・♪
2時半頃だったと思う。
c0136654_22324988.jpg


ノハラツグミだった♪♪
芝生に降りてくれた。
鳥友さんも到着した。
7~8人のカメラマンのシャッター音が聞こえる。
c0136654_22373259.jpg



2~30分ほど楽しませてくれただろうか。
どこかに飛んで行ってしまった。

山口まで来たならコウライアイサを撮るべし(笑)
c0136654_22394847.jpg

c0136654_2240065.jpg


夕陽で少し赤味が出た写真になってしまった。
[PR]

by ystone128 | 2013-03-12 22:41  

シジュウカラガンとシロエリオオハム

2月の上旬に新潟県の福島潟に行ってきた。
目的は勿論シジュウカラガン。

この数日前にシジュウカラガンが福島潟の近くに120羽ほどが飛来したという情報を頂いた。
福島潟周辺の田圃を探した。なかなか見つからなかったが・・・それでも、何とか見つけた。
彼らまでの距離は、ゆうに200mはあった。・・・が、突然 飛んだ(>_<)
しかし、こちらの方に飛んで来たので、咄嗟に手持ちで撮った。
c0136654_0515352.jpg


私の他にバーダーは居ないので、情報を得る事もできなかった。
それから またあちこち探し回ったが、ついに見ることはできなかった。

昼過ぎで諦めて、神奈川県に向かった。
随分と無茶な行動である(笑)
神奈川ではシロエリオオハムを探した。
・・・というか、バーダーが何人か居たので すぐにわかった♪
c0136654_0565891.jpg


港内の近い所に居る・・・どうして こんな所に落ち着いてしまったのだろうか?
写真を撮って、すぐに疑問が解けた。
このシロエリオオハムは、足に大きなルアーが引っかかって飛べなかったようだった。
しかし、漁は上手くできていたようで、写真を撮っていた時もゴンズイを捕らえて食べていた。
ゴンズイには毒のある鋭い棘がある。
魚を飲み込むまで、ゴンズイの恐ろしさを知っている私は、ハラハラして見ていた。
c0136654_123445.jpg


ここでは地元の人が、何とかルアーをはずしてあげようと何度も捕獲を試みたそうだが
シロエリオオハムはすぐに潜ってしまうので 全く捕獲できなかったそうだ。
かわいそうに・・・と、思っていたら、この数日後には自然にルアーが外れて
大海原に無事 旅立ったそうだ♪

もう少し居てくれれば、繁殖羽になって綺麗になったのになぁ~!
・・・などと、内心 思っていたのは 私だけかもしれない(^^)ゞ
[PR]

by ystone128 | 2013-03-12 01:08  

四国に再び、大阪、滋賀など

ぼぉ~っとしていたら、早くも3月の中旬を迎えようとしている。
梅も開花し、ポカポカ陽気だった今日なのに
今頃になって1月下旬の写真とは・・・我ながら呆れてしまう。

四国にカラムクドリを見に行ってきた。
鳥屋は私一人だけ・・・探せるだろうか?と心配していたが、すぐに目の前に現れてくれた♪
c0136654_2214178.jpg



前回、少し見ただけで帰ってきてしまったオガワコマドリは どうしているだろう?
c0136654_22184923.jpg


元気にジョウビタキを追いかけ回していた♪

帰りに大阪に寄ってメジロガモを見てきた。
近くでは撮らせてくれなかったが、遠くから見てもメジロガモだった♪♪
c0136654_22233977.jpg



時間があったので、アカハジロにも寄ってみた。
c0136654_231746.jpg



こうして四国から大阪、滋賀へと回ってきたのだが、
帰って数日後『和歌山にカラムクドリが出ているよ!!』という電話を貰った。
複雑な心境で和歌山まで出かけていった(^^;)ゞ
どうせ大阪を通っていくのなら・・・と、大阪城公園に居るコイカルを見てみよう♪
c0136654_2234035.jpg


枝が被ったりして、なかなか良い所には出てくれなかったが
これ以上粘ると後が危ないかも・・・と、ここでTime is up.。

カラムクドリの場所に着いたら、鳥友さん達が お迎えに来てくれた。
『こっち、こっち!!』・・・ありがたい事です♪
c0136654_2241287.jpg


さんざん撮ったらお腹が空いてきたので、近くの食堂で昼食を・・・うぅ~、げっぷ♪
鳥もお腹も満腹状態なので、帰ることにした。

・・・あっ!?
そういえば、帰り道にマナヅルが居たのだった。
ツルのポイントに着いた時には既に陽が沈んだ後だったが、なんとか一枚『カシャッ!』
c0136654_22505883.jpg


足環の“6A1”は調べてみたら、去年の5月だったか、ロシアで放鳥された若い個体だそうだ。
こういうのを調べるのも、ちょっと楽しくていいなぁ♪

その数日後、紀伊半島にカンムリウミスズメを見に行ってきた。
c0136654_22544373.jpg


何度も見られたものの、写真を撮るのには難儀をした。
被写体にレンズを向けると水中に潜ってしまい、あらぬ方向から『ポコッ!』っと出てくる。
まるで“もぐら叩き”のゲームをしているようだった(笑)
でも楽しかった♪・・・もう一度、出かけてみようと思っている♪♪
[PR]

by ystone128 | 2013-03-09 22:58