<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

地元で…

遠くの記事が多いが、地元で鳥を見ていないわけでは決してない。
ワシカモメの大あくび(笑)とか。
c0136654_2232981.jpg

近くに寄って来たトモエガモとか。
c0136654_2254472.jpg

塒に帰る前に夜が明けてしまったのだろうか…トラフズク。
c0136654_2272399.jpg

ヒレンジャクは名古屋市内の公園でカメラマンを魅了していた。
c0136654_2283430.jpg

季節外れのコサメビタキ、やはり冬は越せなかったようだ。
c0136654_2210925.jpg

公園の植え込みの中でガサゴソやっていた。
c0136654_22121418.jpg

雪の残った山ではオオマシコ。
c0136654_22143189.jpg

ハギマシコも見ることができたが、草むらの中に居た。
c0136654_22154773.jpg

ソリハシセイタカシギが2羽。
c0136654_221789.jpg

以前 見た時に、ヒレの付いている足を見た。
たまには泳ぐのだろうか…泳いでいた♪
c0136654_22191117.jpg


最近 撮影に気合が入っていない。
まぁ、気合が入っていても、さして変わりはないのではあるが…(ー ー;)
それでも、これからはもっと丁寧に撮ってみようと、今回の写真を見て 強く感じた。

次回はまた出張編の予定です。
写真の整理が全く追いつかず、
賞味期限切れのブログになっていますことをお詫びしますm(_ _)m
[PR]

by ystone128 | 2013-02-25 22:32  

九州~四国の旅

山陰を後にして、高速道路を九州方面に・・・そして太宰府のインターチェンジで降りた。
太宰府は先回も訪れているので、勝手知ったる何とかだ。
以前来た時と同じ宿に泊まり、同じような朝食を食べ、同じ公園に行った。
前回撮ったキバラガラの撮り直しの為の再訪問だった。

公園で暫く鳥を待っている間に、地元の方にワキアカツグミの情報をいただいた。
実は、ワキアカツグミが九州に出ているという情報は得ていたものの、詳細は全く不明だった。
その方は地元のTさんと仰る方だが、その日の状況を現場に電話で聞いて下さったうえに
親切に地図まで書いて下さった。

そんな情報を聞いてしまったら、のんびりとキバラガラを待っている余裕もなく
お礼もそこそこに鹿児島に向かって走って行った。
現場に着いて早々、ワキアカツグミは姿を見せてくれた♪
c0136654_2342934.jpg


少し見ていたら、今度は木にもとまってくれた♪
c0136654_23431197.jpg



鹿児島まで来たら、去年2度、3度、4度と空振りを続けたコウライアイサを見てみたかった。
その日は鹿児島に宿をとり、翌朝一番でコウライアイサ探し・・・しかし、そんなに簡単にいくはずはない。・・・と思いきや、案外 簡単に見つかった。これもワキアカツグミでご一緒させていただいた、兵庫のAさんが親切に教えてくださったからだ。
c0136654_23513082.jpg


鳥までの距離は遠かったが、去年振られた因縁の相手だっただけに かなり嬉しかった♪

この午後からは、近くの漁港にカツオドリを探しに行った。
カツオドリはすぐに見つかったものの、これまた遠い・・・(>_<)
c0136654_23555236.jpg


200mはラクにあったと思うが、これも初見鳥・・・嬉しかった事は隠せない(^^)/

カツオドリを2時頃には撮り終えて、前回 撮りこぼしたナベコウを求め高速道路へ・・・。
鹿児島から熊本、福岡、佐賀を通り過ぎ、いざ長崎へ・・・って、本当のバカですね(^^;)ゞ
諫早の宿で朝食を取り、8時頃に干拓地の徘徊を始めるも、すぐに目の前で食事中のナベコウ発見♪
c0136654_062292.jpg

c0136654_063481.jpg


前回、二日にわたって探したのに見つからなかったナベコウが、こんなに簡単に見つかっていいものだろうか?・・・いいのだ(笑)

ナベコウを撮っている間に2本の電話が鳴った。
『四国に出ているオガワコマドリの細かい場所がわかったよ!』
『地元に出ているニシオジロビタキ、すごく綺麗な子だよ、早く帰っておいで!』
ううっ!・・・いそがしい♪
憧れだったナベコウも早々に引き揚げ、いざ四国へ・・・。

愛媛の宿を出たのは8時頃だった。
現場に着くと、第一発見者である愛媛のKさんがいらっしゃった。
状況をいろいろ教えていただいているときに遠くにオガカコマドリが出た。
早速 写真を撮るが、地元のニシオジロビタキが気になって、9枚の写真を撮っただけで引き揚げて来た。
時間にして15分か20分くらいだったと思う(^^;)ゞ
c0136654_0195288.jpg



愛媛から地元に帰って・・・その日にニシオジロビタキが撮れるだろうか。
別に、その日に帰らなくても、翌日でも良かったのだが・・・何だか すぐにも撮りたい衝動に駆られていた。
地元には2時少し過ぎに帰ることができた。
現場には多くの鳥友さんたちが待っていてくれた。
なんだか、メッチャ嬉しい気分、メッチャ幸せな気分になれた♪♪
c0136654_0261831.jpg


c0136654_0273126.jpg


それにしても、綺麗で可愛いヒタキさんでした♪♪

しかし、このニシオジロビタキ、今では全国からバーダーが集まって、毎日 お祭り騒ぎになっているらしい。
この可愛いニシオジロビタキ、今やオジサンたちのおもちゃになって・・・ショウまがいの事までやらされているらしい。
聞いた話によると、昨日は元気がなく、エサも食べなくなっていたそうだ。
仕切り屋のオジサン、ちょっと調子に乗りすぎなんじゃないの!
私たち“鳥屋”も“写真屋”も、反省すべき所は多々あるんだろうけどね。

・・・と、締めくくりが変な方に脱線してしまいましたが、凄く楽しい 気ままな一人旅となりました♪
旅の途中で親切にして下さった方々、毎日 情報を入れてくれた大切な鳥友さん達、
それに九州のTさん、兵庫のAさん、愛媛のKさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

今度はいつ、どこに行こうかなぁ?・・・って、既にあちこちに行っているので
その辺はまたComing Soonということで・・・バイバイ♪
[PR]

by ystone128 | 2013-02-13 00:42  

山陰への旅

山陰へ行ってきた・・・と言っても、もう ひと月も前の話。
話には聞いていたが、素晴らしい所だね♪

目的の子は この子、オオモズ。
c0136654_2227622.jpg


綺麗な成鳥ではないが・・・それでも嬉しかった♪
去年は極寒の中、2日間粘っても見られなかった因縁の相手だったから^^
c0136654_22321453.jpg



この子にも会いたかった。
通称ビロキンことビロードキンクロ、可笑しな顏をしている。
c0136654_22345145.jpg


雪が降っていたので撮り難かったが・・・なんとか撮れた(^^)/
c0136654_2235217.jpg



コウノトリも天然っぽい・・・足環がない♪
c0136654_22383612.jpg


これは親子だろうか?・・・って(笑)
c0136654_22395562.jpg



田圃にマガンが沢山降りていた。
よ~し、さがすぞ!・・・と、スコープで1羽1羽チェック。
でも、二番穂に邪魔されて・・・頭を下げたり、移動したりで
どこまでチェックしたかわからなくなる。
そうとう嫌になった頃『おやっ!?』
シャァ~!!・・・カリガネ見つけた♪
c0136654_22443398.jpg


諦めずに探した甲斐があった。
全身は撮れなかったが、これはこれで良し♪♪
c0136654_2247196.jpg



雪が強くなった頃、オオモズがとまる棒にノスリがとまっていた。
c0136654_22495450.jpg



辺りが暗くなりかけ、次の目的地に向かおうとカメラをしまいかけたらサンカノゴイが現れた。
近くを歩いていたのだが、マゴマゴしているうちに葦原に消えていった。
暫く待っていたら・・・飛んだ♪
c0136654_22542150.jpg



他にもハイイロチュウヒ、ヒシクイ、ヒメヒシクイ(・・・と言われる個体)、サカツラガン、ホオジロガモ、ズグロカモメ、ベニマシコ、オオジュリン等々を見たが、ここは本当に楽しい探鳥地だった。
機会があればもう一度訪ねてみたい・・・そんな、後ろ髪をひかれる思いだったが、
このサンカノゴイの一枚を最後に山陰を後にした。
ひたすら雪の地道を走り、広島から高速道路に乗り、いざ九州へ・・・。
2度目の九州のお話は・・・coming soon♪
[PR]

by ystone128 | 2013-02-06 22:57