<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

サンコウチョウ

今年もサンコウチョウを・・・と、近くの山の麓を探してみた。
毎年 見に行っている所は、今のところ あまり芳しくないと聞いたからだった。

この近くの場所は家から15分程で行けるので、家でお昼を済ませてから出かけていた。
5~6回ほど通っただろうか。毎回 到着すると
『チィチュィチィ・フィフィフィフィ!』とすぐに鳴き声と共に姿を見せてくれる。
でも多くは この一回だけで、後は気配が無くなってしまうので
毎回 見ることはできても、写真には撮れなかった。

この日は少し粘るつもりで、最初からカメラをセットして行った。
三脚を安定した場所に置いた・・・途端に『フィフィフィ!』
少し遠い、枝がゴチャゴチャした所に 一瞬とまった。
c0136654_133515.jpg

この日も この一回だけで・・・というか、その後しばらくは待ってみたが、声さえ聴こえてこなかったので、一枚撮れたという安心感からか『今日は少し粘ってみよう』なんて事はスッカリ忘れて帰ってしまった(^^;)ゞ

待っている時にはオオルリがサービスしてくれた♪
c0136654_1395396.jpg
c0136654_140135.jpg

その後も5~6回は行っているのだが、状況は変わっていない。

2~3組は居るようなので、今度こそ 粘って良い写真を撮ってみたいと思っています。

・・・けど、蚊が多いんです。
メッシュのブラインドの中に入って、蚊取り線香を焚いて・・・粘ってみましょうか♪
[PR]

by ystone128 | 2011-06-28 01:45  

富士山五合目

富士山五合目の水場。
前々から行きたかった場所だが、近くないので機会をうかがっているうちに何年も経ってしまった。
この日・・・蒸し暑い夜だったので、どこか涼しい所に行きたいなぁ~!
・・・との思いが、生来の怠け者である私の背中を押してくれた^^

夜中に思い立ち、出発したのが午前2時頃だっただろうか。
朝7時前 現場に到着。

誰も居ない・・・と言うことは・・・鳥も居ない!? やっぱりなぁ(><)
・・・などとブツブツ言いながらも、7時間ほど粘った。
甲斐あって、数種のかわいい子達の顔を見る事ができた♪

溶岩にとまるルリビタキ
c0136654_23212066.jpg
水浴びをした後、この岩の上に とまってくれた♪


ウソ夫婦?も来てくれた。
c0136654_23272291.jpg
ルリビタキと同じ岩で休むオス。

c0136654_23291143.jpg
なかなか並んでは撮らせてくれない。
水場までは仲良く来てくれたのに・・・♪


ヒガラも水浴び。
c0136654_2333910.jpg
ヒガラは何度も来てくれた♪


メボソムシクイ
c0136654_2334861.jpg
メボソムシクイも何度か出てきてくれた♪


キクイタダキ
c0136654_2336135.jpg
キクイタダキは正午前まで姿を見せてくれなかった。
椅子に座っていて、眠くなってきた頃に・・・『キタッ!』♪♪


標高2000mを超す この水場は涼しかった・・・というより、肌寒いくらい^^
暑さが苦手な私には とても心地よい気温に感じられました♪

現地でご一緒させていただいた千葉のO様、とても楽しい鳥見になりました^^
どうもありがとうございましたm(_ _)m
[PR]

by ystone128 | 2011-06-26 23:51  

屋内鳥見行

普段 梅雨という言葉は決して嫌いではない。
本を読んでいても『梅雨』という言葉がでてくると、とても季節を感じられていい。
しかし、実際に梅雨入りすると そうも言っていられない。
蒸し暑くてイライラするし、低く垂れこめた雲からは いつ雨が漏れ出すかわかったものではない。
鳥見に行きたい・・・でも、ずぶ濡れになって 機材の心配などはしたくない。

ということで花鳥園に行ってきた^^

なんとかワシミミズク
c0136654_0182767.jpg
この子は私を見ると威嚇してきた。
他のお客さんが近づいても知らん顔しているのに、わたしが近づく度に こうやって羽を膨らませて威嚇していた。
面白かった♪

c0136654_0232657.jpg
大きくトリミングしてみた。
綺麗な目♪


この子は、(ミナミ)アフリカオオコノハズク。
c0136654_0353541.jpg
ポポちゃん。
この花鳥園の人気者でTVなどにもよく出ている。
自分より強そうな者が来ると、凄く細くなって 木に擬態する。
自分より弱そうな者をみると、上の子のように羽を膨らませて威嚇する。

私には無反応だった・・・ビミョウ(笑)


そしてカラフトフクロウ。
c0136654_0444299.jpg
とぼけた顔して・・・
大きな『金太郎飴』のようである。
この園を訪れると、最後に『シメ』として この顔を見て大笑いして帰ってくる^^


花鳥園の園内に展示されている鳥は、殆ど撮ってきました^^
もし、その1羽でも迷鳥として どこかに現れたら
野鳥カメラマンがどっと押し寄せて 凄い事になるんだろうなぁ。

父を連れていったのですが、猛禽好きの父は大喜びで見ていました(^^)/
親の喜ぶ顔を見るのって・・・いいですね♪
梅雨時だから屋内で・・・と言うことで 出かけたのですが
梅雨も案外 良いものかもしれません^^
[PR]

by ystone128 | 2011-06-21 01:02  

心地よい高原の朝・・・そして深山の午後

高原で一泊した翌朝は、気持ちよく目覚めた♪
朝食までの数時間、機材を担いで ひと気の無い高原を歩いてみた。
高原の空気はおいしかった。特に早朝の空気は格別だった。
c0136654_2445745.jpg



林縁にはピンク色の花が咲いていた。
いっぱい咲いていた♪
c0136654_2475394.jpg



カッコウやホトトギスやホオジロの鳴き声を頭の上に聴きながら歩いた。
イカル、ツバメ、アカゲラ、コムクドリなどが別荘地の中を飛び回っていた。
モズはたくさん居た。アカモズが混ざっていないかと、見るモズを全て撮ってみたが
『タダモズ』ばかりだった。

お腹がすいてきた。
そろそろ朝食の時間だなぁと、車でペンションに向かう途中で子犬が4匹 遊んでいた。
道路の脇まで出てきて飛んだり跳ねたり・・・あれっ!?犬じゃない!!
キツネだった♪
c0136654_259234.jpg
c0136654_31171.jpg


慌てて車の窓を開けて撮った・・・子ギツネ達の仕草はとてもかわいかった♪

午前10時頃に高原を後に・・・そして一路 次の目的地である福井県に向かった。
ちょっと近道と、急峻な峠越えをすることにした。
これがいけなかった。何度も通った道だったので安心していたのだが、4~50分走って もうすぐ峠を越えられるという所で『道路崩壊につき通行止め!』・・・ガァ~ン!!!!
元来た道を戻り、ポイントには大幅に遅れて到着。
c0136654_324508.jpg


ここはアカショウビンのポイントで、車に乗ったままでも観察できるウルトラらくちんポイント。
・・・だった。すくなくとも一昨年までは。
でも今年は、声すら聞こえない『ただの山奥』になってしまった(><)

楽をしてアカショウビンに会おうとする その心構えがいけないのだろう。
アカショウビンはそんなに安い鳥ではない・・・という事なのだ(^^;)ゞ

しかし律儀なアオバトは何羽か姿を見せてくれた♪
c0136654_3334161.jpg


しかし、それにしても綺麗なハトだと思う。
アオバトも年に一度は山奥で会いたい鳥の一つである♪
また来年もアオバトに会いに、この山奥まで足を運ぶだろう。

・・・と、こんな感じで あまり鳥には会えなかった岐阜・福井 探鳥の旅でしたが
自然の中で思いっきり美味しい空気を吸って、心地よい二日間を過ごす事ができました♪

さて・・・次はどこに行こうかなぁ~(^^)
[PR]

by ystone128 | 2011-06-19 03:50  

高原にて・・・

先日、岐阜県の高原に行ってきた。
まだ若い頃にスキーで何度も訪れた 馴染みのある高原だった。
かなり時間がかかったように記憶していたが、今は高速道路が通っているので
えらく近く感じた。・・・便利になったものだ^^

さっそく高原の鳥が迎えてくれた♪
c0136654_0201068.jpg
『カッコウ、カッコウ』
高原のそこかしこから聴こえてくる。


広大な牧草地帯を走っていたら ホオアカの囀りも聴こえた♪
c0136654_0291373.jpg
綺麗な声で歌っていた。

牧草に隠れるようにして囀っていたのを、無理やりにピントを合わせて撮った♪
おっ!
何か良い感じ♪♪


もうミズバショウは終わっていたようだが、小さなアヤメ?のような花が咲いていた。
c0136654_0351758.jpg



アマツバメという鳥をご存じだろうか?
私の住む地域では、秋のタカの渡りの時期に上空を通過していく程度なので、真下から1~2度見たことがある程度だったのだが・・・人に聞くと、『シュッ、シュッ!』と力強く羽ばたく音を残しながら飛んで行くそうだ。私はまだ その音は聴いた事が無かった。
しかし、そのブーメランのような翼は印象的だった。
一度、ゆっくり見てみたいと思っていた。

そんなアマツバメの仲間のハリオアマツバメにあっさりと出会う事ができた♪
泊まったペンションの奥さんに教えていただいたポイントに行ったら・・・居た♪♪♪
時期的なものだと思うが、必ず2羽ずつのペアーで飛んでいた。
小さな池に4つのペアーが飛び交っていた時間帯もあった。
c0136654_0555841.jpg
感動のあまり『カシャシャシャシャ!!』連写しまくったが、飛翔スピードが速くて・・・(^^;)ゞ

c0136654_057746.jpg


アマツバメの仲間は地上に降りる事は まず無いそうです。
もし間違って降りてしまったら そのままでは飛べないので、どこか垂直な場所を探して登って行かなければならないそうです。足の指は、4本全てが前にあるだけなので、歩く事もままならず・・・死活問題です。
繁殖期には水平になった場所で抱卵や育雛などはするものの、殆どの時間を飛んでいるのだそうです。交尾なども飛びながら行うし、飛びながら寝るという話も聞きました\@。@/
巣の近くに止まる時も垂直の崖や木に4本の爪を引っかけて止まるそうです。

そんなに飛んでばかりいる鳥なので、スピードが速いわけなのですね^^

今シーズンの間に、もう一度撮りに行きたいなぁ~^^
[PR]

by ystone128 | 2011-06-18 01:12  

赤・青・黄色

【赤】
今回の鳥見、アカショウビンの他にも赤い鳥は居た。

アカモズ
c0136654_0241761.jpg
綺麗なモズだった♪


アカエリヒレアシシギ
c0136654_0265813.jpg
この日は小さな群れだったが、一昨日は凄い数だった♪


島を離れ、一路高原へ・・・

アカゲラ
c0136654_0294056.jpg
高原の空気はおいしかった。
アカゲラが忙しそうに木の幹を突っついていた♪


オオアカゲラ
c0136654_0335334.jpg
お父さんも・・・

c0136654_0352714.jpg
お母さんも忙しそう♪♪
がんばれぇ~!!



【青】
青い鳥。
アオゲラが高原のペンションの周りで『ピョーピョー』とよく鳴いていた。
早朝、小雨が降る中を 何人かのカメラマンがアオゲラを狙っていた。
そんな彼らを見ながら・・・朝食を待った(^^;)

コルリ
c0136654_055367.jpg
コルリはたくさんの声が聴こえたし、たくさん出てきてくれたのだが
曇っていたうえにちょっと遠かった。
もう少し明るければ・・・もう少し綺麗な色が出たかもしれない。


コムクドリ
c0136654_104448.jpg
んん~!
これは青い鳥とは言わないかぁ~(^^;)ゞ


【黄色】
黄色と言えばお馴染みのキビタキ。
c0136654_154559.jpg
随分近くで撮らせてくれた♪

c0136654_164682.jpg



お見せできるのはこのくらいだろうか(^^;)

おまけのチゴハヤブサ
c0136654_195656.jpg


c0136654_1102374.jpg



今回は本州を横断するように石川、新潟、長野と回ってきました。
すごく楽しい鳥見でした。来年はもっと欲張って行きたいなぁ・・・なんて思っています。
・・・が、そんな事したら 『もう帰って来なくていいよ!』って言われそう(汗)

あっ、今、『トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク』って
ホトトギスが私を挑発するように、家の上空を飛んでいきました。
近いうちに探しにいってみよう・・・♪
[PR]

by ystone128 | 2011-06-01 01:24