<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

散策日和

僅かな春の陽気を一気に通り越して夏のような暑さになりました。
『暑い時は山に限る』・・・と言う事で
かねてから気になっていた隣の町の山を散策してみる事にしました。
c0136654_223138.jpg
山の麓の駐車場に車を停めて、木漏れ日で斑に見える木の間を通ってゆっくりと歩いてみました。

c0136654_22322895.jpg
林道脇にはシダが沢山生えていました。

ラジオ体操しているみたい。

c0136654_22344123.jpg
ストレッチ運動をして伸びると・・・こんな風に(笑)

c0136654_2236153.jpg
日陰に咲いているこの植物、ちょっと気味が悪いような・・・

家に帰って調べてみたら高麗天南星(コウライテンナンショウ)と言う植物のようでした。
多分。

c0136654_22383160.jpg
これは何だろう?
緑色の変わった花です。

これも調べてみました。
・・・が、結果はわかりませんでした。
(´・ω・`)ショボーン

c0136654_2248723.jpg

このシャガの花を見た時には『あっ!やっと名前を知っている花があった!!』(笑)

このような花しか撮れませんでしたが、木の梢ではオオルリやサンコウチョウなど、これから撮りたい鳥の鳴き声を沢山聴く事ができました。

場所はわかったし・・・今度は綺麗な野鳥を撮ろう。
今回は帰り道の方が足取りも軽かったようですヽ(●´3`)ノ゛ルンルン♪
[PR]

by ystone128 | 2008-04-30 23:00  

雨の日の午後

昨日は・・・いゃ、日付が変わって一昨日の午後。
前の晩から降っていた雨も小降りになってきたので、ちょっと写真でも・・・と庭に出てみた。
草や木の葉っぱは、それぞれに水滴が乗っていてキラキラと輝いていた。
c0136654_1191433.jpg

c0136654_1195111.jpg

その雨粒は落ちて来た雨を吸い込み、粒が大きくなるとコロコロと他の雨粒を巻き込んで落ちていく。面白かったので何枚も写真を撮ってしまった。

暫くして・・・ふと気が付いたら雨が上がっていた。
しかし、雨上がりの我が家の庭をよく見回しても良い被写体は見つからない。
またしても・・・しつっこくモミジのプロペラでも撮る事にした。
c0136654_1324035.jpg

二階の窓から三脚を持って1歩・・・2歩・・・ズリッ!
危うく落ちるところだった。うっかり瓦が濡れている所に足を乗せてしまったのだ。
『歳を考えないから・・・』と人に笑われるところだった。

今度は窓から坪庭を撮ってみた。
c0136654_1391040.jpg

あっ!瓶に雨水が溜まっている。
空にしておかないとボウフラが湧いてしまう・・・

今年は・・・我が家では蚊の発生が早く、畑で草取りをしている時にもう刺されました。
喰われました・・・って、言うのかな?(笑)
[PR]

by ystone128 | 2008-04-26 01:47  

囀る・・・囀る・・・

綺麗な声で囀っていたコマドリとミソサザイ。
c0136654_23503433.jpg

c0136654_23475344.jpg

今日は山に行ってきました。

山に入ると様々な野鳥達の囀りが聴こえてきます。

ヒン カララララ・・・
コマドリが目の前で、大きな口を開けて囀ってくれました。
綺麗な声です。ウットリ!

暫くするとミソサザイも・・・チュルルルルルル・・・
こちらも、小さな体に似合わないほど大きな口を開けて。
c0136654_2359677.jpg

c0136654_2359275.jpg

山は大砲を持ったゲリラ部隊でいっぱいでした。

『熊出没注意』の看板もなんのその。
4時頃帰り支度をしていたら、ゲリラ部隊があちらこちらから下山してきました。

『ゲリラ部隊出没注意!』の看板に書き換えておこう。
[PR]

by ystone128 | 2008-04-22 00:04  

家の中

昨日は一日家の中。
何もする事がなく手持ち無沙汰だった。

古い棚の上の花器に黄色い花が無造作に放り込んであった。
c0136654_1105251.jpg
c0136654_111764.jpg

壊れかけた達磨の置物・・・いつの物だろう。

窓の外を見たら・・・
c0136654_1124998.jpg

モミジの葉っぱに乗っていた雨粒も殆ど乾いていた。


今年もモミジはプロペラを沢山つけていました。
でも、まだとても小さいです。
[PR]

by ystone128 | 2008-04-20 01:16  

コマドリ

町でツバメを見かけるようになった。
あちらこちらの軒先で雛の顔を見るのもそんなに時間はかからない。

このツバメが渡って来る頃に、山奥で子育てをする夏鳥たちも姿を見せ始める。
そんな渡り鳥の中継地点になっている公園に出かけてみた。

公園の駐車場でカメラをセットし公園の中に入って行くと、公園の中央辺りには人が半円を描くように横に並んでいる。殆どの人が大砲を構えて・・・『キーン』と緊張感が漂っていた。
まるで戦争のようだった。

ここの常連さんに尋ねると、この公園では初めてかもしれない『コマドリ』が出たらしい。
実は近々、山奥にコマドリを撮りに行こうかと思っていたところだった。
これは好都合だ。

皆さんに挨拶をして仲間に入れてもらった。
三脚を置いてすぐ・・・『あっ!でた!!』・・・『もっと右』・・・『降りた!』
『カシャッ!』 『カシャッ!』 『カシャッ、カシャッ!!』
まるでエラい人の記者会見みたいなシャッターの音だった(笑)
c0136654_0382966.jpg

数秒の間みんなの前に姿を現わして、それからまた藪の中に入ってしまった。


先週までパラパラとしか居なかった狙撃手?ですが、この1羽のコマドリのお陰で公園は大繁盛していました。

昨日、この公園に現れたとの事ですが・・・
恐るべし・・・狙撃手たちの獲物の匂いを嗅ぐ力には参りました。
[PR]

by ystone128 | 2008-04-15 00:49  

田舎の夜景

夜景と言うにはおこがましいかもしれないが、これが私の住む田舎町の夜の姿だ。
夜と言っても深夜ではない・・・まだ9時を少し回ったところである。

こんな時間でも、もう車が少ない。
c0136654_2232854.jpg

c0136654_2254238.jpg

赤い提灯に一品料理と書いてある。
一杯飲み屋さんだろうか。ガラス窓越しに中を覗いたが客は居なかった。
寂しい町だ。



でも・・・こんな田舎が私には似合っています。
こんな寂しい町が好きなのです。
[PR]

by ystone128 | 2008-04-14 02:34  

緑色の桜

以前紹介させて頂いた山桜や淡墨桜の花びらは白い。
しかし、桜の花の色といえば桜色(淡いピンクと言うのだろうか)と相場は決まっている。

去年、他所のブログで緑色の花を咲かせている桜の記事を読んだ事がある。
我が家の近くにある小学校の垣根の所に植わっていると言う話だったので、すぐに出かけてみたものの件の桜はもう散った後だった。

見たい!!・・・去年、本当にそう思った。
忘れっぽい私の頭が不思議な事に覚えていてくれた。
ソメイヨシノが満開の頃に見に行ったが蕾さえも膨らんではいなかった。

・・・が、桜が散り始めた頃に見たら、小さな蕾がいっぱい。
それからは毎日のように観察をしていた。
相当な暇人だと思われてもしかたがない。

ここ数日の間に急激に開花し始めた。
本当に緑色の花だった。
c0136654_0121750.jpg
c0136654_0123074.jpg
c0136654_0125198.jpg
c0136654_0131592.jpg

緑色の桜の花で検索をしてみた。
花の色や形を見ると、どうも『御衣黄(ギョイコウ)』と言う桜のようだ・・・
と言う結論に達し、私のマィピクチャーのフォルダにも御衣黄桜と名前を付けて保存していた。

御衣黄は緑色から・・・散る間際になると芯から紅色がさしてくるらしい。
そんな解説を思い出し、今日は芯の紅色になった花を探してみた。
ほんのりではあったが紅をさしているような花が見つかった。
c0136654_0294731.jpg

もう少し赤味がかったものがないか注意深く探していたら、木の幹の向こう側に小さな札がぶら下がっているのが見えた。どうやら木の名前か何かが書いてあるようだ。

気になる・・・!!
垣根の向こう側に廻って見てみた。
その札には『うこん桜』と書かれていた(苦笑)ハハハ!


検索をしていたら『うこん桜(鬱金桜)』も何度か引っかかりました。
しかし『御衣黄』の方が名前もちょっと良い感じだし・・・何となくそう思いたかった(笑)
[PR]

by ystone128 | 2008-04-13 00:43  

赤い鼻を売る・・・

先週の日曜日は桜の散る中ちょっとしたイベントがあった。
町中の小さな駐車場などを利用してのささやかなものだったが、この辺りの人たちが三味線やハープの演奏などを披露して賑やかだった。
c0136654_1454354.jpg
c0136654_146166.jpg
c0136654_1462172.jpg

これらの会場の近くに恐ろしくレトロな映画館がある。
子供の頃、母によく連れて来てもらった思い出深い場所でもある。
c0136654_1494877.jpg

現在でも営業がしているらしいが・・・
テレビなどでもよく取り上げられていた映画館である。

タイトルの通り・・・赤い鼻を売っている少女達。
c0136654_2313274.jpg

『写真を撮らせてもらえますか?』と訊いたら
『いいですよ、この子たちも一緒にいいですか』・・・と快く承諾してくださいました。

ありがとう。
[PR]

by ystone128 | 2008-04-12 01:58  

暖かでとても楽しい一日・・・でも

今日は楽しい一日だった。

気温も高く、体に触れていく風も優しく心地良かった。
いつもの里山に出かけ春の野を撮りたいと思った。
c0136654_1532054.jpg
野で最初に出会ったのがこの蝶。

蝶は苦手だがこの距離(6メートル)なら大丈夫だ。

名前は知らないが『何とかシジミ』と言う蝶ではなかろうか。

c0136654_1564896.jpg
小径を歩いているとお馴染みのセグロセキレイが道案内をしてくれた。

c0136654_203972.jpg
ホオジロも右手の土手で忙しそうにエサを拾っているようだ。


のどかだなぁ~
最奥の鳥の居そうなポイントに三脚を据えて鳥の来るのをまっていたが、なかなか姿を現わしてはくれない。遠くの方からシジュウカラやヤマガラの囀りは聴こえるのだが・・・
そのとき、左の林の奥のほうからフクロウらしき声が聴こえてきた。
ホォーホホー!

ちょうどその時、ここを管理している職員さんたちが私のすぐ近くで作業を始めた。
私は挨拶がてらフクロウのお話でも訊こうと・・・こんにちは~!
そこの職員さんたちは顔馴染みである。

職員さんたちはタケノコを掘ってみえた。
『おぉ!あんた、このタケノコ持って行けやぁ!』・・・何かタケノコ欲しさに近づいていったように思われたか(笑)・・・『それじゃぁ、1本頂いていきます』と言ったら、『遠慮しないで何本でも持って行けやぁ・・・』と言う事で2本頂いてきた。アハハ、欲張りがバレてしまった(笑)

『今晩はタケノコご飯だなぁ~』と思いながらタケノコを見ていたら口の中が涎で・・・ジュルッ!
お礼を言おうとしても『あじがじょうごじゃじまじだ・・・ジュルッ!』
上手く言えなかった(笑)

ウグイスがあちらこちらで鳴いている。ホーホケキョ!
少し探してみたが、鳴き声だけで一向に藪から出てくる気配は無い。
c0136654_37889.jpg
仕方ないのでワラビを採って・・・いゃ、撮ってきた。
早春の美味しい山菜である。ジュルッ!・・・これは写真だけで我慢しておこう。


帰り道で年配のご夫婦に出会った。
野鳥の事を聞かれるので、ここに来るカワセミなどの事を話して差し上げた。
『ここで、あの綺麗なカワセミが見られるのですか?』・・・とご夫婦はかなり感動されていたご様子。来る時に、蝶の後に撮ったカワセミを見せてあげると『うわぁ、綺麗!』とまたもや感動されていたご様子だった。人に喜んでもらえると嬉しいものだ。

そこでお礼を言われて分かれたのだが、池にさしかかった時に普段いるカモとは違うカモを見つけた。・・・オシドリである。
今年のこの池はオシドリの姿があまり見られず、私も久しぶりに見た。
c0136654_2355151.jpg
分かれの挨拶をした後ではあったが、そんなに距離も離れていなかったので、無礼だとは思ったが大きく手招きをしてこちらに来ていただいた。

c0136654_2382979.jpg
オシドリは・・・云々などとブログで解説するような事を一通り説明しながら、私の大砲を装備したカメラから、このオシドリの夫婦を覗いていただいた。


三度、感動をされたご様子だった。
『ねぇ、あなた、だから前からここに来ましょうと言っていたのに・・・』
『また近いうちに双眼鏡でも持ってきましょうね』・・・などとおっしゃってみえた。

こうして一人でも野鳥に興味を持っていただくと私は嬉しい。

ウキウキした気分で車を走らせ家に帰り着いた。

パソコンに画像を取り込もうと、カメラを持ったら・・・何かいつもと違うような気がした。
あっ!レンズキャップが無い!
色々お話をしている時に、対面の山桜があまりにも綺麗だったので、レンズを替えて一枚カシャッ!・・・そのレンズの蓋を車の屋根に置いたまま山の坂道を下りてしまった。

まぁ、レンズキャップだけでよかったが・・・

調子に乗るのもいい加減にしておかなければいけませんね(笑)
お調子者の楽しい半日の出来事でした(^^)
[PR]

by ystone128 | 2008-04-10 03:09  

蓮華

畦道にレンゲの花が咲いていた。

c0136654_01231.jpg
子供の頃は田圃一面に咲いたレンゲ畑でよく遊んだものだ。

今でも・・・もう少しすると、そんなレンゲ畑も目にするのだが、今年はまだ見ていない。

c0136654_022449.jpg
蓮華の蜂蜜と言うものがある。

こうやってミツバチがせっせとレンゲから集めた蜂蜜なのだろう。

c0136654_054670.jpg
今度この花に埋もれた田圃を見つけたら、子供時代にそうしたように、そのレンゲ畑を走り回ってみよう。


でも、よく考えてみると・・・そんな事は無理ですね。
変質者が田圃で・・・と、警察に通報されるのがオチです。

それよりも何よりも、そんな体力がありませんでした(笑)ゼィゼィ・・・
[PR]

by ystone128 | 2008-04-09 00:14